倉石一門会・陶芸グループブログ

香川・徳島・茨城・岡山の陶芸家
くらいしせんせいとそのおしえごたち
先生と小鳥とそれから私 みんなちがってみんないい
<< わら灰釉つくり その3 | main | すえつち再生に向けて >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
釉薬完成
 先日みんなであつまって釉薬作りやってきました。

植山さんがテストピースをいてきてもらったので
それを見ながらみんなでどの釉薬が良いかを話しながら
どの釉薬を作るかを決めていきました。
テストピース

12個のテストピースの中から4番目のテストピースに決定しました。

基本的な調合より土灰多めです。
陶(すえ)の土との相性も考え溶けが良いもの選びました。
この釉薬を目指して調合していきました。

○釉薬作り
この前つくった藁灰と土灰は乾燥してカチカチになっていました。
土灰
藁灰
ちょっとかたまりになっていたので砕いてから調合していきます。

藁灰、土灰、長石の重さを量っていきます

バケツにまとめて

水を入れて混ぜていきます。

完成!!
釉薬が出来たのでこの前作っておいた陶の土で作った素焼きした物に
釉掛けしていきます。

釉薬も掛け終わったのでモノハウスの灯油窯で焼いていきます。

今度は7月に集まるので焼き上がり楽しみです。
釉薬も出来てきて色々と問題点などもありますが着実に進んで来ました。

今までは各自土を持って帰って少量づつ再生していたので
次回は本格的に粘土の再生をやっていきます。
力仕事になりますががんばりましょう。

| 枌-sogi-計画 | 07:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 07:23 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kukurara.jugem.jp/trackback/35
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
SELECTED ENTRIES
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS